『エレメンツ』【著】鴇田智哉
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

『エレメンツ』【著】鴇田智哉

¥1,870 税込

送料についてはこちら

  • 著者サインあり

  • 著者サインなし

文芸|俳句|句集 田中裕明賞受賞の前句集『凧と円柱』(2014年)よりおよそ6年後の著者第3句集。 『プレバト‼︎』もいいけど、ガチの俳句の世界では、言葉はこんなにも更新されているんです-- 火が紙にくひ込んでゐる麦の秋 ストローを銜へるひとりづつ霞 消ゴムに小暗い栗鼠をからめとる いうれいは給水塔をみて育つ ラクロスは兎の夢で出来てゐる こはるびの粒々のパラシウトたち t t t ふいにさざめく子らや秋 つきゆびは歌をとめどもなく辿る あきらかに私の位置に鹿が立つ ◉ 『ガイコツ書店員 本田さん』『ほしとんで』作者、本田さん推薦句集!!! 粒々であり、波であり、 そんな句が澄ましていきいき並ぶので、 なんだか光にあふれています。 一句ずつ、ちゃっかり意識を持っていそう。 (本書帯文より) ◉ 「生えている句を作りたい、と思ってきた。草や花がそこにあるように、俳句もまたある。草や花が何かの代わりとしてそこにあるのではないように、俳句もまた何かの言いかえとしてあるのではない。(……)だから私は俳句を、記録や報告や手紙、あるいは日記とは違って、造形物とか音楽に近いものだと思ってきた。今もそう思っている。」(「あとがき」より) 【仕様】 四六変型判(縦182mm・横134mm・厚さ15mm・重さ 239g) 128ページ 上製カバー装 ISBN978-4-910413-01-3 装丁:北野亜弓(calamar) 写真:著者 ※著者サイン本の画像はサンプルです。